マーケティング日和

デジタルマーケティングとキャリアについて。

電王戦を見て思ったんだけど

ニュースで、電王戦とかいうコンピュータとの将棋対決がやってました。

まだそんなことやってるの?

 

私88年生まれなのですが、子どもの頃から「コンピュータとチェス対決!」

みたいなニュースを目にしているので、いまだにそんなことやってんの!?って感じです。飽きたよもう。

 

ちなみにこの問題、『機会との競争』という本でばっちり論じられていました。

もうこれでいいジャマイカ。第4章より。

1997年、人間界最高のチェス名手であるガルリ・カスパロフはディープブルー(IBM製)に敗れた。

その後もコンピュタとの対決は続いていた…

現在世界最高のチェス・プレーヤーは、じつはコンピュータではないのである。人間でもない。では誰なのか―コンピュータを使った人間のチームである。

で、結論、

競争に勝つカギはマシンを敵にまわすことではなく、味方につけることなのだ。

詳しくは、実際にこの本を読んでみてください。面白いですよ。

ドワンゴは何をしたいのかなぁ。  

機械との競争

機械との競争

 

 

広告を非表示にする