読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マーケティング日和

デジタルマーケティングとキャリアについて。

暇なWebマーケターがWantedlyを15分で分析してみた

15分分析 マーケティング

ひまつぶしです。無差別です。

これから15分で下記サイトを分析します。

https://www.wantedly.com/

そんじゃーいってみよー!

Web制作者のためのUXデザインをはじめる本 ユーザビリティ評価からカスタマージャーニーマップまで

Web制作者のためのUXデザインをはじめる本 ユーザビリティ評価からカスタマージャーニーマップまで

  • 作者: 玉飼真一,村上竜介,佐藤哲,太田文明,常盤晋作,株式会社アイ・エム・ジェイ
  • 出版社/メーカー: 翔泳社
  • 発売日: 2016/11/14
  • メディア: Kindle版
  • この商品を含むブログを見る
 

アクセス量&推移を見てみよう

まずは概要把握

サイトの規模を確認します。3分で終わります。

f:id:izm0:20140327182612p:plain

アクセス量的には、そこそこ、という感じですが推移が気になります。

けっこう波がありますね。。。これは、バズやマンパワーに依存していたり、トレンドに流されやすい可能性が高いです。

 

あえてこれ以上の詮索はしません。

なんとなくサイトの、企業の状態が見えてきます。

 

コンテンツ量を見てみよう

サイトコマンドでインデックス数を見てみましょう。

site:約 27,300 件

うう。

※競合参考

約 393,000 件(リクナビNEXT)

約 265,000 件(DODA)

約 1,270,000 件(マイナビ転職)

 多ければいいというものではありませんが、

求人サイトという激戦区で戦うにはちょっと弱いですね。

 

概要がわかってきたところで、肝心の中身を見ていきましょう。

 

トップページのデザイン

きっとSEOはあまり出来ていないでしょうから、

"Wantedly"というブランドワードでの流入が多いと思われます。

その際のランディング先は必然的にトップページなので、このサイトの場合は特にトップのデザインが大切です。

f:id:izm0:20140327184004p:plain

うーん、なんか流行りっぽいけど、なんか違うなぁー、なんか。

 

ソーシャルログインについて 

ソーシャルログインとアプリDLボタンがCVを誘ってきます。ちなみに行動喚起のことをCTAといいます(Call To Action)

が、FB連動はハードル高い。

 

転職サイトに登録するのにそれはちょっと抵抗ある。

CVR低いでしょうね。

 

個人的な経験則でいうと、ソーシャルログインは効果的ですが、その効果を最大限にするならば複数のSNSに対応すべきです。誰もがFacebookやってるわけじゃないし、FBログインに抵抗ある人も多い。

 

でも、これがソーシャルリクルーティングなのかな?

 

では、中身を見てみましょう!

 

カテゴリの切り方がおもしろい

意外と細かくカテゴライズされている。業界やスキルから探せるのはもちろん、「技術系キーワードから探す」「ディレクター系キーワードから探す」などは初めて見ました。スゴイ。

f:id:izm0:20140327185900p:plain

これナビゲにしてトップページに設置すれば便利なんじゃない?

 

一覧ページは重要なのに…

URLなげえー。一覧ページはトップと詳細を橋渡しする大事なページなのに。

https://www.wantedly.com/mid_career/japan/all/it-internet-mobile

/japan/とか/all/とか要らないだろーなぁ

現場のプロが教えるWeb制作の最新常識[アップデート版]

現場のプロが教えるWeb制作の最新常識[アップデート版]

  • 作者: 久保知己,酒井優,塚口祐司,前川昌幸
  • 出版社/メーカー: エムディエヌコーポレーション(MdN)
  • 発売日: 2016/06/01
  • メディア: Kindle版
  • この商品を含むブログを見る
 

  

詳細ページの構造がわかりにくい

トップページの次に流入が見込まれ、CVに至るのがこのページ。

「応募する」はもちろん、「続きを読む」しようとすると登録を促されます。

情報をチラ出しして、詳細を見ようとするとCV。転職口コミサイトみたいな作戦なんですね。

f:id:izm0:20140327190436p:plain

 

これは登録したくなるし、意欲の低いユーザをフィルタリングする効果もありそうです。

 

問題は、このページのコンテンツがさっぱりわからないということです。

もちろんタイトルを読めばわかりますが、タイトルと中身がマッチしていません。僕はこのページなんなんだろう、って思いました。。

 

コンテンツの作り込み

なんでわかりにくいのでしょうか?例えばパンくずを見てください。

中途採用 > エンジニア

 

せっかく素晴らしいカテゴライズをしているのに、

結局このページはどのカテゴリとも紐付いていません。

 

中途採用 > エンジニア > 技術分野 > Androidエンジニア > Drivemode, inc.  

みたいな感じだと現在地がわかりやすくなるし、カテゴリを活かせる情報構造になるんですけどね。

 

そして、テキストコンテンツ

一行目から「~が生きがいです」とあります。生きがいなんか知らんわー!

※CEOさんをディスってるわけではありません。情報構造をディスっています。

何も知らずに流入したユーザは「このページはなんのページなんだ?」と混乱するかもしれません。

もちろんグーグルも「このページは何やねん」ってなるでしょう。テーマ性が明確なページの方が評価されやすくなります。

 

 結局どうすればいいのか?

私を雇えばいいのでは。雇えよ!雇ってくださいよ!

 

感想

ローンチ以来右肩上がりのサイトです。

http://www.alexa.com/siteinfo/https://www.wantedly.com

今後もどんどん進化していくでしょう。(適当)

 

雑な分析でごめんなさい。

おつかれさまでしたー

 

追記(3/28)

カテゴリページの 最適化を中心としたリニューアルで自然検索流入が約2倍に | SEO事例 | SEO HACKS

SEOベンダーがVOLAREでした。納得。 

10年つかえるSEOの基本

10年つかえるSEOの基本

 

 

izm0.hatenablog.com

izm0.hatenablog.com