読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マーケティング日和

デジタルマーケティングとキャリアについて。

メルカリとかいうクソサイトを15分で分析してみた

15分分析 マーケティング

さて、久しぶりの15分分析。テーマは今注目の「メルカリ」で。

アプリだけかと思ったら、ちゃんとWeb展開してるんですね。再びブラウザの時代が来るって言われてるし、大切だよね。

でもページランク0なので、最初から期待しない。

メルカリ 中古や未使用のフリマ

ユーザーイノベーション: 消費者から始まるものづくりの未来

ユーザーイノベーション: 消費者から始まるものづくりの未来

 

 

URL構造が微妙

うっわー。http://www.mercariapp.com/jp/だって。/jp/の時点で萎える。

jpを切ると英語サイトになり、グローバル意識してるんだねって感じ。

でも理想型は、日本語なら.jp、中国語なら.cnっていう感じの国別コードトップレベルドメインを取得すべき。で、それをhreflangでalternateさせるのがよろしい。

 

まぁ、/jpでもいいけどさ。でも、やっぱこれ変だよ。オルタネイトタグが入ってて、jp=comに設定されてるけど、jpとcomは全然違うページだし、そもそも下層ページが一個上のディレクトリに言語アノテーションっておかしくない?

 

デザインが適当

ただのLPやん。トップはスマホでアクセスした人にアプリをDLさせたい系キャッチ。でもスクロールさせた途端…なんかグダグダ。水晶持ってる手謎のブタ。意味あんの?これ。

f:id:izm0:20141125105716p:plain

誰に何を訴えたい設計なんだろう。

権威性を主張しているのかな?ユーザーに?パートナーに?わからん。

Web制作者のためのUXデザインをはじめる本 ユーザビリティ評価からカスタマージャーニーマップまで

Web制作者のためのUXデザインをはじめる本 ユーザビリティ評価からカスタマージャーニーマップまで

  • 作者: 玉飼真一,村上竜介,佐藤哲,太田文明,常盤晋作,株式会社アイ・エム・ジェイ
  • 出版社/メーカー: 翔泳社
  • 発売日: 2016/11/14
  • メディア: Kindle版
  • この商品を含むブログを見る
 

  

いよいよコンテンツのおでまし

で、更に下にいくとようやくフリマコンテンツ。

いきなりピックアップアイテムがお出迎え。レディースとメンズ、それぞれ3点ずつ表示されています。

なにこれショボッ!

f:id:izm0:20141125110520p:plain

ついつい欲しくなっちゃいますね。。(笑えない)

LINEモールなんかはお洒落な写真を厳選したりしています。

フリマってどうしてもコンテンツの質にバラつきが生じるからちゃんとキュレーションしてあげる必要があるんですね。

 

こんな調子で、「人気のキーワード」「ピックアップブランド」が並ぶ。

ここら辺は、相手に合わせて動的に出し分ける工夫が必要ですね。相手がオタクだったらアニメグッズとか、相手が田舎者だったらプラダを出すとか。

どうやってユーザ情報を収集して、どんな風にカテゴライズするかはマーケターの腕の見せどころ。

 

カテゴリの切り方が斬新

最下部にカテゴリのナビゲーション。うおお、ユーザ的にはこれが欲しかったんだよ。なんで一番下にあるんや。

f:id:izm0:20141125111826p:plain

URLは/jp/category/1/のようになっている。うわー。バカなの?

しかもすげークソページ。見てみぬふりをしてトップページに戻ろう。

 

で、カテゴリの「切り方」なんだけど、見るからにぐちゃぐちゃだ。レディースの下にいきなり「チュニック」って。ちゃんとトップス・ボトムスから刻んでいこう

セーター探してる人にいきなり「チュニック」じゃ混乱させちゃうだろ。

 

site:を叩くと、375,000件ヒット。それなりに量があるのでしっかりマネジメントすべき。逆にちゃんとマネジメントすればWebの利用者もかなり増えるだろう。

 

スマホに寄せ過ぎないこと

まだまだスマホよりもPCの方が利用者は多い。業界では半々と表現することもある。だから、スマホに特化するにしても、最低限のPC対応はすべきだ。

 

ちなみに、僕みたいに「スマホが低スペだからアプリじゃなくてブラウザでFacebook使ってる」なんてユーザもいたりする。特に新興国。

 

だから、PC対応/ブラウザ対応は必須なんだ。世界を狙うなら。

Webコンテンツマーケティング サイトを成功に導く現場の教科書

Webコンテンツマーケティング サイトを成功に導く現場の教科書

  • 作者: 株式会社日本SPセンター
  • 出版社/メーカー: エムディエヌコーポレーション(MdN)
  • 発売日: 2015/12/18
  • メディア: Kindle版
  • この商品を含むブログを見る
 

 

izm0.hatenablog.com