読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マーケティング日和

デジタルマーケティングとキャリアについて。

暇なマーケターが15分でTABI LABOを分析してみた

ゴールデンウィークどこ行こっかなーと思ってたら出ました。「旅」系のWebサービス。うわあ。学生バックパッカーが旅の素晴らしさを伝えるために立ち上げました的な??知らんけど。

 

どんなもんか見てみますか。

 

スニペットに感じる、甘さ

検索結果の表示をスニペットといいます。で、まぁ、ここにWebサイトの「出来」が見て取れるのです。

f:id:izm0:20160402133612p:plain

文字だけじゃなくて、なんかかっこよく表示されることをリッチスニペットといいます。TABI LABOはきちんとリッチに表示されてるので、それなりにオーソリティのあるサイトとしてGoogleに認識されてるんですね。

 

でもGoogleもそんなに頭よくないから、上手に表示できない。その結果が上記。

会社概要がカテゴリと同列になってるのはまぁ、よくあることだし仕方ない。でもGoogle Mapに登録されてるのはちょっとなぁ〜。

 

てか何そのディスクリプション▼

Beauty: それを体現する女性とその意識の周辺こそが. TABI LABOの思う...

オエエエ!!!

しっかりできてると下記みたいな感じになります。

f:id:izm0:20160402135407p:plain

 

無限スクロールをチェック!

とりあえずトップページだけでも見てみるか。あら。素敵なデザイン。

f:id:izm0:20160402140351p:plain

しかも嬉しいことに無限スクロールが出来ている。つまりページをめくることなくガンガンスクロールできる。便利〜。

無限スクロールといえばTwitterがベストプラクティスなので、暇な時にぜひ見てみてほしい。

 

とりあえず適当にスクロールするとURLが変化していくことに気づく。ふむふむ。そんじゃ無限スクロールテストしますか。

ちなみに、TABI LABOのURL構造は下記のとおり。

http://tabi-labo.com/?page=5

スクロールしていくと、"5"にあたる箇所が動的に増えたり減ったりするわけ。

んじゃあ"999"ってやるとどうなる?というテストをしてみます。

f:id:izm0:20160402141915p:plain

はい、ステータスコード500なのでサーバーのエラー。予期しないリクエストに対して「処理できないよ〜」っていう悲痛な叫び。

404を返すべきですね。

ほかにも問題ありだけど、とりあえず下記の無限スクロールデモサイトを確認してください。

http://scrollsample.appspot.com/items

 

まとめ

新しい技術に挑戦しようとしてる感じはナイス。似たようなメディアのリトリップ?トリッピース?は話にならないレベルのくそだった。

やばい。Mac充電きれる。ばいば〜い